スタッフブログ

カーテンの測り方

カーテンの長さや丈を測るのは、意外と難しく「失敗した」とおっしゃる方も多いです。押さえるポイントはいくつかあるのですが、「丈」を正確に測ればなんとかなると思います。大切なのは「どこから測るか」です。
カーテンレールにフックを引っ掛けるリング(丸カン)があるのですが、その下から測るのが一般的です。そして「カン下〇〇センチ」というふうに伝えま
す。採寸の際に部屋へ入られたくない方はぜひお試しください。

カーテンの測り方

家の中で菌が多いところ

菌の多いところは ①キッチンスポンジ ②台ふきん ③冷蔵庫の野菜室 といわれています。
野菜室は汚れを持ち込みやすい場所と考えればいいと思いますが、問題はスポンジとふきんです。
菌が増えるためには「水分」、「温度(20°~40°)」、「栄養(汚れ)」が必要なので、それらを絶つことが大切です。
頻繁に取り替える。煮沸させる。漂白剤に浸す。など除菌も必要です。
他にもウィスルの付着しやすいところなどポイントを押させて効率よく除去しましょうね。
※花王HP参照

家の中で菌が多いところ

夜、眠れていますか?

快適に眠りたい気持ちと、電気代が高くならないか心配な気持ちを抱えながら、寝室のエアコンの温度設定をされていることと思います。一体、何度に設定すれば良いのか?と考えがちですが、目安にするのは部屋の温度と布団の中の温度です。
おすすめは室温25~27℃ 湿度50~60% 布団の中は33℃です。
朝までエアコンをつけておくことに抵抗のある方は、寝る1時間前にスイッチを入れ、就寝後3時間のタイマー設定を試してみてください。節約しながら快眠できるかもしれません。

食品ロスを減らしましょう。

食品ロス、家庭からの発生原因は「食べ残し」、「期限切れ」、「皮の剥きすぎ」などです。
必要なものだけを買い、必要な分だけをつくり、残さず食べる!とはいいますが、なかなか出来ませんね。しかし食品ロスの削減は、ゴミを減らし、食費の節約にも繋がります。
冷蔵庫にたくさん食材を詰め込まないことは、節電にもなりますね。一人ひとりが心がけることが、世界全体の食品ロスを減らしていくのだと思います。みなさんも普段の生活の中で、ちょっとした意識改革をしてみてはいかがでしょうか?

洗たく物、どこに干していますか?

外に洗たく物を干したくなる季節になりましたね。
外干しは風と太陽のお陰ですぐ乾き、雑菌の繁殖も防ぐことができます。
干すのに理想的な時間帯はam9:00~pm3:00とのこと。
乾かなかった時は、室内に干したり乾燥機を使ったりすると良いですね。
花粉、黄砂、pm2.5などを気にする方も多いと思いますが、
シリコン系の柔軟剤を使うと花粉が落ちやすいとか?
1度お試し下さい。

パッシブで家を涼しく!

パッシブ(passive)とは、「積極的ではない、受身の」という意味です。住環境では、太陽の光、熱、風などの自然の力を上手に取り入れる事を言います。
電気代が値上がりする今年の夏は、自然の力を利用したパッシブ技術で部屋を涼しくしましょう!
簡単に出来るものとして、「風の通り道」を考えた換気そして日差しを遮る「グリーンカーテン」があります。
グリーンカーテンは、室内側に取り付けるカーテンより確実に効果が出ます。見た目も涼しそうですしね。西日が差し込む窓側にお試しください。

始めてみよう 一日一捨

不要なものが少ないシンプルな暮らしや、ゆったりとした自然体な暮らしに憧れているものの、実際は・・・ 
「要らないものは捨てる」分かっていてもなかなか出来ませんね。それなら目に留まった不要なものを、1日1つ処分していくのは如何でしょうか
たとえば、洗っていて見つけた欠けている食器、ペンを探している時にあった出ないボールペン、いつもの洗剤のストックの横にある何かも分からない洗剤。少し意識すると案外あると思いますよ-。

無理せず節電!

4月より電気料金が値上げになります。
本気で節電を考えなくてはいけなくなってきましたね。
しかし長く続ける為に無理なく節電できなくてはいけません。
まず電気代の内訳の見直しをしましょう。
 
たくさん電気を使う電化製品といえば、
①エアコン ②冷蔵庫 ③照明器具 ④テレビ ⑤パソコン類 です。
エアコンのフィルターをこまめにそうじ。冷蔵庫は詰め込みすぎない。
テレビは省エネモードにするなど、簡単に出来ることから始めてみませんか?
これからは地球にやさしい節電生活ですね。
ページトップへ戻る